消費税8%がやってくる(7)

前回の話はこちらから  消費税8%がやってくる(6)

 昨日、プリンターのカラーインクが切れてしまい、近所の電器店に買いにいきました。出入りする車が多くて駐車場は混雑しています。レジにも人が並んでいるし、グルっと店内を見渡すと家電製品には男性が多く、PCや携帯電話のコーナーには女性のお客さんが多く、どなたも真剣な眼差しでお買い物されていました。

 

 

 やはり気になるのは値段ですよね?

今の値段を見に来ているのかもしれません。今後、値崩れしたときにはどれを買おうかな・・・・なんて下見なのかもしれませんね。

 

 お目当ての家電がそろそろモデルチェンジの予定だとすれば、大急ぎで今買うよりは値崩れを待つほうが安くすみますね。ただし「白物家電」は流行り廃りがなく人気なので、なかなか安くはならないとされます。どうしても「白!」という方で、買い替えの時期ならば3月中でしょう。

 

 

 そういえば、最近の電気製品って昔に比べて寿命が短くなりましたよね。部品が製造されなくなるのですぐに買い替えを余儀なくされます。

経済効果を狙うとそうなるのかもしれませんが、主婦としては地球環境にエコな取り組みをもっとしなくては・・・なんて思うものです。

 

 

 さて、新聞の折り込みチラシも最近増えていませんか?平日これほど入っていたっけ?スーパーやホームセンターなどのチラシもいつもより拡大版のように思います。

駆け込み需要を狙ったフレーズが必ずそえられていますね。

 

 

 先日、こんな質問がありました。「先生、ティッシュや洗剤など買いだめしてますか?」それは、少しでも買っといたほうがいいのかな?皆どうしてるんでしょう?と、他者の行動が気になる様子でした。

 

 年間の負担金額をみると、数字は大きくなりますが、ティッシュなどの日用品は毎日買うものではありませんね。確かに消費税8%となると大きいですが、現在からは3%のUPです。

例えるならば普段198円の物は増税で204円になるとして、その差は約9円です。この9円のために部屋をいっぱいにしますか? 9円なら何かのセールで取り戻せる金額ですね。

小さなお金だけで生活費を計算するには無理があります。

 

 

 「節約しましょう」というと、まず食費を切り詰めようと頑張る方がいらっしゃいますが、それはあまり効果的ではありません。特に食べ盛りのお子さんがいらっしゃる家庭では限界があるでしょう。

 

 

 次に考えるのが電気代などの光熱費。無駄を省くという点では意識する項目ですね。夜間の電力が安いからと、お洗濯を夜のうちにされる方もいらっしゃいます。 確かに光熱費や携帯電話、インターネットなどの通信費も毎月必ず出ていくものですから、使いすぎていないか?このプランが本当に適当か?など、面倒がらずに一度見直してみることは大切ですね。

 

 家計を見直すポイントは、まず毎月出て行く固定費からです。

意外とムダがあったりするものですヨ!

 

 続く

 

次回は増税後の住宅購入についてです。

 続きを読む

 

 

FP真知恋が日常のお財布事情を主婦の目線で書いたブログです。

 

 過去の記事はこちらから

  消費税8%がやってくる(1)

  消費税8%がやってくる(2)

  消費税8%がやってくる(3)

  消費税8%がやってくる(4)

  消費税8%がやってくる(5)

  消費税8%がやってくる(6)